トップ

上手に診療を受けるには

1初診の場合
  
 症状があって受診する場合

  いつから、どのような症状があるのか、整理しておいてください。普段治療している病気があったり、飲んでいるお薬があったら、それもわかるよ うにしておいたほうがありがたいです。感染性の疾患が疑われる場合は別室でお待ちいただくこともあります。

 検診で異常を指摘された場合

  
検診結果をお持ちください。コレステロールや血糖など、食事に関係する異常の再検査の場合、朝食抜きで午前中来院いただければ、早く結果が出せます。尿検査が必要なこともありますから、採尿できるような状態で来ていただければなおありがたいです。

2再診の場合

  
原則として、本人が来院し、診察を受けていただきます。やむを得ないときのみ、病状をお聞きし、薬を処方するよう法律で決められています。管理が不十分になったり、悪化の兆候を見逃されたり、受診しないと結局ご本人の不利益になる恐れがあります。なお、当クリニックでは最長30日処 方としています。それ以上は無診察投薬と同じになるからです。どうしてもそれ以上をご希望の方は他院をご紹介致します。


3訪問診療

 通院困難な方のために、定期的にご自宅までお伺いし診療することを訪問診療といいます。(往診は依頼を受けた時に訪問することで、定期的ではありません) 状況により、介護保険や訪問看護と連携して、行っていますので、ご相談ください。

4時間外 休日の診療

 原則として診療時間内に受診してください。やむを得ない場合はまず電話連絡をお願いします。24時間対応はできませんが、在宅であれば対応致します。ただし、電話で指示だけで済む場合もありますし、来院いただくことになっても、通常の診療と同じというわけにはいきません。学校やお仕事の都合、変わりはないが心配だから、などという理由でのお電話はご遠慮ください。検診や予防接種のお問い合わせも時間内にお願いします。